日本医科大学健診医療センター
PET検査は、現在最も検査精度の高いがん検診法の一つです。 このブログを読まれて、PET検査を受けてみたい、と思われた方は、このバナーからお申し込みください。 関東近辺では、お勧めできる施設の一つです。

2008年09月15日

「がんを防ぐための12ケ条」 第3弾



今回も財団法人がん研究振興財団で発行された「がんを防ぐための12カ条」の続きです。
PET検査を受けて、がんの早期発見に取り組むのも大切ですが、日常の生活の中で、がんを防ぐ努力をしていくことも大切ですね。

■焦げた部分は避けましょう。
魚や肉を焼いて焦がすと、細菌などに突然変異を引き起こす物質が生じることが最近明らかになってきました。焦げた肉や魚の一食分で口に入る発がん物質の量はごくわずかなのであまり神経質になる必要はありませんが、焦げた部分を大量に食べることは避けた方がよいでしょう。

■かびの生えたものに注意しましょう。
ナッツ類やとうもろこしにつくかびには強い発がん性が認められています。日本では輸入の際に厳重にチェックされているので危険はありませんが、口に入れる前には念のために確認するとよいでしょう。ちなみに日本産のピーナッツは安全です。

■日光に当たりすぎないようにしましょう。
紫外線で焼けた肌は一種のやけどの状態にあり、炎症が続くと細胞の遺伝子が傷つけられ、がんを誘発する可能性も高くなります。肌の焼きすぎには注意しましょう。

暑い夏も過ぎ、日焼けのシーズンも過ぎ去ってしまった地域がほとんどでしょうが、秋になって、おいしいさんまのお焦げを食べる機会も増えてきますが、がん予防という観点では、避けたほうがよい行為です。
次回の記事まで、がんを防ぐための12ケ条関連の記事を書いていきますので、よろしくお願いします。

posted by PET at 13:02| Comment(1) | TrackBack(0) | PET検査

2008年07月24日

財団法人がん研究振興財団発行 「がんを防ぐための12ケ条」の続き


PET検査の登場である程度のがんは発見できるようになりました。
しかしがんは誰でもかかる恐れのある病気です。完全ながん予防はできませんが、毎日の生活のちょっとした心がけからある程度身を守ることができます。
財団法人がん研究振興財団で発行された「がんを防ぐための12カ条」の続きです。

■たばこは吸わないようにしましょう。
ある調査では1日25本以上たばこを吸う人は、吸わない人に比べて肺がんになる割合は7倍以上、喉頭がんは倍以上の死亡比になることが分かっています。禁煙もしくは本数を減らすことをおすすめします。

■食べ物から適量のビタミンと繊維質のものを多く摂りましょう。
緑黄色野菜に多く含まれるビタミンや食物の繊維質は、がんの発生を防ぐ作用があることが明らかになっています。ビタミンや繊維成分を、自然の食品の中からしっかり摂ることが大切です。

■塩辛いものは少なめに、熱いものはさましてから飲みましょう。
日本人に多い胃がんの発生に密接な関係を持つとされているのが、塩分の摂取です。また、熱い茶がゆをよく食べる地方に食道がんが多いという報告もあります。塩分は控えめにし、熱いものはさましてから食べることをおすすめします。


・・・たばこに関しては、私も辞めなくてはですね。自分で書いておきながら、なさけないです。

 タスポも必要になったことですし、禁煙にチャレンジしなきゃ・・・・
posted by PET at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | PET検査

2008年03月02日

がんを防ぐための12ケ条 その@〜C

PET検査の登場で、がん検診の精度は非常に向上し、ある程度のがんは発見できるようになりました。
しかしがんは誰でもかかる恐れのある病気で、完全ながん予防はできません。しかし、毎日の生活のちょっとした心がけからある程度身を守ることができます。

それでは、どのようなことに気をつけていれば、がんの予防につながる生活を送ることができるのでしょうか?

そのためにあるのが、財団法人がん研究振興財団が、「できるだけがんの原因を追放しよう」、という思いから統計や実験データをもとにを発行した「がんを防ぐための12カ条」です。「がんを防ぐための12カ条」のひとつひとつは、難しいことはなく、誰にでもできる簡単なことです。ぜひ、これを機に日頃の生活を見直してみてください。

この記事では、その@からそのCまでをご紹介します。

その@バランスの取れた食事をしましょう。
栄養バランスが崩れると、様々なかたちで体に支障が現れ病気の原因になりますが、がんもその例外ではありません。偏食せずバランス良く食べることが大切です。

そのA毎日、変化のある食生活をおくりましょう。
どんなに好きな食べ物でも、ワンパターンな食事は避け、バラエティー豊かな食生活を心がけましょう。

そのB食べ過ぎを避け、脂肪は控えめにしましょう。
いくらおいしい物でも食べ過ぎは禁物です。特に、脂肪を多く摂りすぎると乳がんになりやすいという報告もあり、また、その他のがんとも関連性があると指摘されています。食べ過ぎと脂肪の摂りすぎには気をつけましょう。

そのCお酒はほどほどにしましょう。
過度の飲酒は肝臓がんだけでなく、口腔がん、喉頭がん、食道がんにも関係があるといわれています。強いお酒は薄めて飲むなど工夫をし、健康的に楽しみましょう。

気をつければだれでもできることばかりですので、日頃から、こういったことに気をつけるように努力しましょう。
posted by PET at 11:16| Comment(0) | TrackBack(23) | PET検査

2008年02月24日

がんの原因は?

 PET検査は,ここまでご紹介してきたように、がん検査に大変有効な検査です。しかし、がんとはいったいどのようなことが原因でなるのか、ご存じでない人は多いのではないでしょうか。意外と知られていない、がんの原因、特徴を知っていただきたいと思います。

 がんは遺伝子の異常が原因で起こる病気です。人間の体は約60兆個もの細胞で構成されています。その細胞の数は、遺伝子のはたらきによって常に適度な数を保つようコントロールされています。


 しかし突然何らかの原因で遺伝子に異常をきたし、無秩序かつ無限に増殖を続ける細胞が現れます。これが「がん細胞」です。

 遺伝子に異常をきたす原因は、紫外線であったり、食品のなかに含まれる発がん性のたかい物質の接収によるものであったり、さまざまです。

 がん細胞が成長すると正常細胞が必要とする栄養分まで摂取し、増殖をつづけます。がん細胞自体は、正常細胞とちがい、体内で正常にはたらいて生命を維持する細胞ではありませんので、がん細胞が正常な細胞に必要な栄養分を横取りしてしまうと、身体を衰弱させます。

 がん細胞は次第に周囲の細胞にジワジワと浸潤し、ついには血管やリンパ管から全身へ転移し、最後には人間を死に追いやります。

 がん克服のためには、がん細胞を除去できる段階で、早期発見による的確な治療によりがん細胞をたたくことが必要なのです。

 がんの怖さは初期段階において自覚症状が現れにくいところです。がん化した細胞は10年から20年かけてゆっくりと成長し、目に見える大きさになるまでに長い年月を要します。その進行具合によって生存率が変わってきます。がんの場合、自覚症状が現れた時点では手遅れのことが多いです。そのため早期発見のタイミングががんの治癒率を大きく左右します。


PET検査はそんながんの早期発見に大変役立ち、成果を上げられる、というわけです。
posted by PET at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | PET検査

2007年10月15日

PET検査はがんの転移、再発の検査としても役にたつ

 PET検査はがんの転移や再発に対しての検査にも非常に役に立ちます。。
 なぜなら、一般的に再発がんは原発がんより多くのブドウ糖を摂取するためで、そのためPET検査は再発がんの早期発見に絶大な威力を発揮するといわれています。

 PET検査は全身を一度に検査できることも大きなメリットで、一度に全身を検査することにより予期せぬ部位に転移したがんの発見にも大変役立つのです。なぜならば転移したがんがどの臓器に出現するかは予測困難だからです。

 従来は可能性の高い臓器だけを狙ってCTや超音波検査など他の画像診断を行っていましたので、PET検査の導入のおかげでがんの転移や再発の早期発見などの成果があがってきているそうです。

 PET検査はがんの転移、再発という恐怖と戦う患者さんにとって、大変心強いものとなっています。このように転移・再発のフォローアップに定期的なPET検査を行うことで、大きな安心を得ることができます。

 PET検査による再発・転移診断の有用性は日本でも認められており、肺がん、乳がん、大腸がん、頭頸部がん、脳腫瘍、悪性リンパ腫、悪性黒色腫の転移・再発診断において健康保険が適用されます。
 保険適用の条件は、『他の検査、画像診断により癌の存在を疑うが、病理診断により確定診断が得られない方でPET検査を受ける方』の場合は保険適用が可能というものです。 一応主治医や各検査機関にお問い合わせいただきたいのですが、健康保険がつかえることで、がんのがんの転移、再発という恐怖と戦う患者さんには大きな光明となっているのです。
posted by PET at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | PET検査

2007年10月06日

PET検査が得意ながんの検査

 PET検査はたしかにがんの早期発見や診断に威力を発揮するのですが、すべてのがんに有効とは言えず、決して万能な検査ではないのです。

 また一部マスメディアなどで時折見かける「数ミリのがんも発見できる」といった表現は誤りではないものの、PETががん検査に万能であるかのような誤解をまねく表現であると言えます。

 PET検査が得意ながんは、頭頚部がん、肺がん、乳がん、膵がん、大腸がん、卵巣がん、子宮体がん、悪性リンパ腫、悪性黒色腫などです。

 またPET検査が苦手としているがんは、肝がん、胃がん、前立腺がん、腎がん、膀胱がん、子宮頸がんなどです。

 PET検査で尿経路の臓器のがんの発見が苦手な訳は、使用するFDG(ブドウ糖によく似た、ごく微量の放射線を出す「薬」のこと)が尿中に排出されてしまうため、膀胱や腎臓、尿管などにはどうしても薬剤が集まってしまい、その付近のがんは見落としてしまう可能性があります。

 また胃がん、肝がんなども苦手な部位です。こういった、FDGの集積が少ない性質のがんもありますし、消化管粘膜に発生する極早期のがんの発見は困難です。さらに炎症を起こしている部位や良性腫瘍などを、がんとして捉えてしまうこともあります。

 PET検査では、薬剤の集積は血糖値に大きく影響されるので、糖尿病の患者さんなどは診断に注意が必要です。

 PET検査が苦手とする部位には、CTやMRIなどその他の画像診断や内視鏡検査などを組み合わせると効果的です。

 PET検査は確かに万能ではありません。しかし得意、不得意を正しく認識してCTやMRIなどと連動しておこなうことで高い精度の検査をおこなうことが出来るのです。
posted by PET at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | PET検査

2007年09月20日

PET検査は、万能のがん検査なのか?

PET検査は決して万能ながんの検査ではありません。いかにPETが優秀な検査の方法であるといっても、がんを見逃してしまう危険性が100%ないわけではないからです。
しかしPET検査は他の形態画像診断であるCTやMRIに比べてがんを見逃してしまう確率は低いといわれています。逆にPET検査で異常が見つかった場合は、組織を採取しての診断など、より詳細な検査に進みます。

 PET検査を行った後で、わざわざ更に詳細な検査を行う理由は、PET検査が炎症や良性腫瘍など、がん以外のものも検出してしまう可能性があるため、がんと炎症や良性腫瘍と人間の目で区別する必要があるからです。

 この段階で精密な検査を行わず、がんでないものをがんと診断して治療を行ってしまうと、さらにリスクの高い治療を患者に強いてしまうこととなります。なぜなら、抗がん剤などによる治療は、副作用がつきものですから。

 PET検査を最初に行うことのメリットは、PET検査を最初に行うことで、患者の肉体的かつ経済的な負担を軽減できるところにあります。
 
 腫瘍の良性か悪性かの診断がかなり高い精度で可能になったため、陰性の場合はよほどのことがない限りそこで検査は終了します。

 PET検査を最初におこなうことは患者にとって、何度も検査をする必要がなく肉体的負担が減ります。それと同時に不必要な検査を減らすことも出来ますので、検査費用の負担も減らすことができ、患者さんの経済的負担、およびどんどん増加している医療費も軽減できるのです。しかも精度の高い検査をすることが出来ます。

 PET検査を行う理由は、こういった理由により非常に高いといえるでしょう。
posted by PET at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | PET検査

2007年07月28日

PET検査とCT,MRIとの違い

 PET検査のほかにも、似たような検査方法としてCT,MRIといった検査がありますが、その違いをご存じでしょうか?

 まず、CTはX線を体の外側から照射して断層像を撮影する検査で、MRIは磁気を使って体の断層を撮影する検査です。それではPET検査がどのような仕組みになっているかをご紹介いたします。

 PET検査は陽電子を放出する放射性同位元素で標識された薬剤を被検者に投与し、その分布をPETカメラで撮影することで脳・心臓など臓器の局所機能を画像に描出し、病気を診断する検査法です。

 ???何のことかわからない?

 抽象化していえば、薬剤をつかって臓器を色づけして見れるようにし、それを画像で見て、臓器の組織の形から、病気がないか判断している、ということです。『陽電子を放出する放射性同位元素で標識された薬剤』というのは、絵の具みたいなものです。

 PET、CT,MRIといった方法は、画像診断という名前も持っていて、要は画像で臓器の組織を見ることができるようにして、検査する方法なのです。

 PET検査先進国のアメリカには「PET First」という言葉があり、PET検査はがん診断のファースト・ステップに位置づけられています。

 従来はCTやMRIなどでがんの疑いが判明したとき、それだけでは腫瘍の良性・悪性の鑑別が難しいために、内視鏡検査や試験開腹といった検査が行われてきました。

 しかし、これでは患者の肉体的負担と経済的負担が大きく、いかにしてそれらの負担を無くすかが課題となっていたのです。

 PET検査は他の画像診断法と比べ、腫瘍の良性・悪性の鑑別を得意としています。そのPET検査が登場してからというもの、まずPET検査を行い、異常がある場合は次の検査に進み、異常が見られない場合は検査をストップないし経過観察するという流れができあがった、というわけです。
posted by PET at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | PET検査

2007年07月22日

PET検査とは何か?

  PET検査とは、「ポジトロン断層撮影法」:ポジトロン・エミッション・トモグラフィー(Positron Emission Tomography)のことです。
 
 心臓や脳などの働きを断層画像としてとらえ、病気の原因や病状を的確に診断する新しい検査法です。PET検査の普及により様々な病態の診断に役立つようになりました。

 PET検査では、ポジトロン(陽電子)を放出するくすり(これをFDGといいます)を、静脈から注射したり、呼吸により体内に吸入してもらいます。くすりが体の中を移動して、心臓や脳などからだのいろいろなところに集まる様子を、からだの外から「PET装置」で撮影します。
 
 検査の目的に合わせてくすりを選ぶことにより、脳や心臓、がんなどの早期発見、早期診断ができるのです。

 PET検査をすることにより様々な病態が分かります。

 例えばがんの場合だと、ほとんどのがんの診療に有効です。肺癌や大腸癌、食道癌、膵癌などの消化器系の癌、子宮癌、卵巣癌などの婦人科系のがんや甲状腺癌、乳癌、悪性リンパ腫や骨腫瘍、悪性黒色腫などの診断にも役立ちます。

 このような病気を、まだ進行していない早期の段階で発見することができれば、手遅れにならずに対処できる可能性が高まるわけです。

 PET検査はがんの転移をみつけるのにも大変役に立ちます。

 がんは転移のあるなしによって治療法が変わります。そのためPET検査はとても有効です。以前の検査では分かりにくかったがんの転移なども、PET検査によって早期に発見出来るようになってきています。
posted by PET at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | PET検査

2007年03月10日

本ブログのプライバシーポリシー

クッキーおよびWebビーコンについて
本ウェブサイトにおいては、クッキー(Cookie)又はWebビーコンと呼ばれる技術を使用しているページがあります。クッキーとは、Webサイトが皆様のコンピュータのハードディスク上に置かれたブラウザのクッキー・ファイルに転送する文字のみの情報の連なりであり、これによりWebサイトは利用者を識別できるようになります。クッキーには通常、クッキーの送信元ドメインの名称、クッキーの「寿命」に加え、1つの値が格納されています。通常、この値はランダムに生成されたユニークな数です。クッキーの使用は業界の標準となっており、多くのサイトで、カスタマーに有益な機能を提供する目的でクッキーが使用されています。クッキーにより、カスタマーの使用するコンピュータは特定されますが、カスタマー個人を特定できるわけではありません。また、Webビーコン(クリアGIFと呼ばれることもあります。)は、特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術です。
当サイトにおいて、以下のような場合にクッキーを使用することがあります。
利用者ごとにカスタマイズされたサービスを提供するにあたり、利用者の利便性を考慮しクッキーを使用することがあります。このクッキーは、利用者がカスタマイズされたページへアクセスしたとき、またはログインするときに設定されます。
本サイトを利用する利用者数を計るために使用する場合があります。
掲載された広告についてもクッキーを使用する場合があります。

クッキーの無効化と有効化
ブラウザの設定を変更すると、クッキーの受け入れ可否を選択できます。また、ブラウザのクッキー・フォルダに保存されているクッキーを削除することもできます。ただし、クッキーを無効化したり削除すると、当社サイトで一部の機能が使用できなくなることがあります。ご利用のブラウザでクッキーを無効化したり削除する方法がご不明な場合は、ブラウザのヘルプ機能で「クッキー」を選択し、詳細を確認してください。