日本医科大学健診医療センター
PET検査は、現在最も検査精度の高いがん検診法の一つです。 このブログを読まれて、PET検査を受けてみたい、と思われた方は、このバナーからお申し込みください。 関東近辺では、お勧めできる施設の一つです。

2008年07月24日

財団法人がん研究振興財団発行 「がんを防ぐための12ケ条」の続き


PET検査の登場である程度のがんは発見できるようになりました。
しかしがんは誰でもかかる恐れのある病気です。完全ながん予防はできませんが、毎日の生活のちょっとした心がけからある程度身を守ることができます。
財団法人がん研究振興財団で発行された「がんを防ぐための12カ条」の続きです。

■たばこは吸わないようにしましょう。
ある調査では1日25本以上たばこを吸う人は、吸わない人に比べて肺がんになる割合は7倍以上、喉頭がんは倍以上の死亡比になることが分かっています。禁煙もしくは本数を減らすことをおすすめします。

■食べ物から適量のビタミンと繊維質のものを多く摂りましょう。
緑黄色野菜に多く含まれるビタミンや食物の繊維質は、がんの発生を防ぐ作用があることが明らかになっています。ビタミンや繊維成分を、自然の食品の中からしっかり摂ることが大切です。

■塩辛いものは少なめに、熱いものはさましてから飲みましょう。
日本人に多い胃がんの発生に密接な関係を持つとされているのが、塩分の摂取です。また、熱い茶がゆをよく食べる地方に食道がんが多いという報告もあります。塩分は控えめにし、熱いものはさましてから食べることをおすすめします。


・・・たばこに関しては、私も辞めなくてはですね。自分で書いておきながら、なさけないです。

 タスポも必要になったことですし、禁煙にチャレンジしなきゃ・・・・
posted by PET at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | PET検査
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17262915

この記事へのトラックバック